>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

Vol.067
2018 05/05 Sat.
カテゴリー:

言葉と物(←読みたいと思いながら無学で読んでいない本のタイトル)

シニフィアンとシニフィエ、という言葉がある。シニフィアンはシニフィエを超えられない、つまり記号は内容を超えられないとソシュールは認めている(はず。たしか)。最近は暗黙知と言う言葉も流行っているようですね。

まあ何にせよ、言葉は全てではない。人間は言葉の動物であると思うし、「初めに言葉ありき」だし、とにかく思考と言葉は切っても切り離せないものだけれども、言葉にも限界はある。風景を言葉で説明しろと言っても「百聞は一見にしかず」だし、いくら美辞麗句を並べても「目は口ほどにものをいう」だったりする。ダラダラと西洋の言葉並べるより前に古来の日本の諺に全て現れていたようで。

というわけで、というかなんというか、音楽や演奏(特に自分が関わったもの)について述べるのが苦手だ。ライブの告知などでどういう音楽なのかを語った方が良いかもしれないのだが、なんとも…。何年に作られた曲、とか、こういう編成でやります、とか事実については語れるけれど、それ以外のことをどう語ればよいのか。人によってはシャコンヌが楽しく、第九が寂しく聞こえるかもしれない。個人的感想を述べることはできるだろうけど、他者に共有してもらうことはできないし、その必要もない(ことが多い)。
そんなわけで基本的に音楽の評論や評論家と呼ばれる人達は信用していない。(アドルノは別、彼は自分の表現に音楽を使っているだけだから)それに長々と語るのは無粋ですね。(長々書いてる時点で無粋だが)

やっぱり、色々としたり顔で語る学者なんかより黙って結果を出すスポーツ選手なんかの方が立派に見えることが多いですな。そういえば今日イチローが事実上の引退だそうで。長い間お疲れさまでした

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る