>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

Vol.131
2020 08/06 Thu.
カテゴリー:

北海道旅行の思い出

演奏家は旅好きな人の方が向いてると言われる。確かにツアーというだけでウキウキしている人などをいくらか知ってるし、おそらくその方が何かと健全だと思う。
ただ自分に関しては決して旅好きというタイプではない。何事もできるだけ近所ですませたい、第一に旅支度が面倒、移動が面倒、空港などの場合は待ち時間が面倒、などと不平ばかりが頭によぎる。不精者なんでしょうね、たぶん。最近は年を取ってきたからか、知らない土地の風景を見る楽しさも少しは覚えてきたし、興味ある土地だったら条件を気にせず仕事も喜んでいたけれど。

そもそも演奏に関係ない旅もあまりしていない。この15年くらいで考えても弓の購入など含めてフランスに、あとは家族に会うので関西やアメリカに行ったぐらいか。あとは全て演奏絡み。そういった要素ぬきで旅行したので思い出すのは例えば北海道とアイルランドくらいか。北海道の話を思い出してみる。
大学の時分に高校時代からの友人二人と牧場めぐりをした。それぞれが好きな(引退した)馬に会いに行こう、てなもので大洗からフェリーに乗って苫小牧まで。トウカイテイオーやグラスワンダー、タマモクロスの墓にも参った。メジロライアンとメジロブライト親子も見た。土曜日には競馬場に行き、みんなで3000円ずつ出してエルムSで勝負したら見事的中。10万はゆうにこえる大金を手にいれたもんで気が大きくなり豪華な旅行になる。まずは焼肉で祝勝会。札幌のホテルは全て満室だったから(土日の札幌のホテルは要予約、ということも調べていない旅だった)、洞爺湖近くまで行って学生にしては高級な温泉付き宿に泊まる。次の日は昼間から寿司食べてまた競馬場。確か二歳の重賞に前日の勝ち分から残った2万円を単勝に賭けたら今度は2着、ただの紙切れになった。二匹目のドジョウ、というやつである。やれやれ。そのまま夜にフェリーに乗り、船酔いと戦いながら関東に戻った。
引退した馬はもちろん、あのとき走っていた馬達も大半は亡くなってしまっているかもしれない。こんなことを久々に思い出すってことは、自分も人並みにこのご時世で旅に飢えはじめているのかもしれない。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る