>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

Vol.183
2022 01/23 Sun.
カテゴリー:

年明けからの映画雑感

昔から「好きな映画」の話となると、よく耳にしたのが「ショーシャンクの空」。老若男女問わず、多くの人がこの作品を誉めていた気がする。で、20年以上を経て、先日初めて見た。面白かったし、セピア色がかった映像も物語にあうし、音楽もよかった気がする。文句つけようのない映画、映画らしい映画。良い映画とはこういうものを言うんだろう、と納得した。
あとヒッチコックの「泥棒成金」。もちろん面白いけれど、グレイス・ケリーが美しすぎる、で感想の八割は終わってしまう。そう考えるとあんまりの美男美女は映画を味わうのには向いてないのかもしれないね。「裏窓」にせよ「ダイヤルM」にせよ「グレイス・ケリーきれいだなあ」になってしまう。そういや、北欧のカウリスマキなんて監督は(こういっちゃなんだけど)決して美男美女の出てこない映画で味わいがある。個人的に好きで何度も見てる小津作品も「うっとりするような美男美女」という印象はない。(そりゃ原節子も若尾文子も岩下志麻も可愛らしいけど)そういえばこれだけグレイス・ケリー好きなのに、最も好きでよく見たヒッチコック作品は役者の名前もあまり把握していない「サイコ」であった。
またチャップリンの「キッド」も見た。これも相当昔に見たけれど、ある知人が「おれはチャップリンだとキッドが一番好きだよ」と言っていたのを思い出す。彼は両親の友人で私が幼い頃からよく可愛がってくれていた。家族含めてみんなで旅行にいったこともあるし、彼に連れられて二人でムーンライダースやブライアン・ウィルソンのコンサートに行ったこともある。特に親しみのある(子供にとっての)おじさんであるが、彼は昨年から特別な病におかされてしまっている。できれば近いうちに会いたいけれど、会えるかもわからないし、もう私のことを認識できるかもわからない。彼のことを思い出しながら見たのはまた特別な気分になった。長く生きていれば色々なことがある。

そんなわけで「一月はゆっくり過ごしそうだな」と昨年から思っていたけれど、ただでさえ少ない予定や演奏にも延期や中止ということになり、思ったよりもさらにゆっくり過ごしている。活動についてはホームページの予定、お店やイベントの最新情報をご確認を。お手数おかけします。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る