>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

Vol.094
2019 07/19 Fri.
カテゴリー:

安美錦引退について

元関脇、安美錦が引退。力士が40歳まで続けるのは立派だし、年齢を聞いただけでも多くの人は「たいしたもんだ」と思うだろう。
私が相撲を自発的に見始めた時、安美錦はすでに両膝にサポーターをまいていた。力勝負に向いていないことは明白で、土俵際で踏ん張ったりすることはしなかった(できなかった、と言う方が正確なのかもしれない)。しかしなんと言おうか、相撲を熟知したような取組は私のような素人から見ても特に面白かった。いくとみせかけて相手が出てきたところでかわす、逃げるとみせかけて下からつきあげる、土俵際まで追い込まれもうダメだと思ったところでくるりと回る、相手に押し倒されそうになっても自分だけギリギリ残る。単なる投げ合い押し合いではなく、土俵という空間を存分に使って勝負をしていた。
多くの解説者は「怪我さえなかったら大関になれたはず」と語る。本人は引退会見で「怪我があったからこそここまでやれた」と述べた。いずれにせよ怪我をしてからも三役に何度もなっていることを考えると、本人としても大関という番付以上の自負らしきものがあったのかもしれない。
幕内にいようが十両だろうが、相手が上位だろうが若者であろうが、安美錦の取組だけは私の目を惹いたし、それは私だけではなかったと思う。銭のとれる相撲、という言葉があるが、彼は最後の日までそれを行っていたと断言できる。引退自体は寂しいが、経験と技術と反骨精神にあふれた彼がどのような部屋を持ち弟子を育てるのか楽しみでもある。
おつかれさまでした、安美錦関。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.093
2019 07/09 Tue.
カテゴリー:

パソコン復旧

先月末からパソコンだけWi-Fiを使えなくなってました。どうしてもパソコンじゃなきゃ、ということはなかったのでしばらく放っておきましたがようやく復旧。
どうやらshiftキーをおしたままシャットダウンすると良いらしいです。というかそもそもshiftキーをおしたままのシャットダウンこそが、真のシャットダウンでパソコンのリカバリーにもつながるとか。困った時には参考にしてみてください。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.092
2019 06/18 Tue.
カテゴリー:

エリセとグラナドス

先日、早稲田松竹にビクトル・エリセという監督の二本立てを見に行ってきた。二本立て、といってもこの監督は寡作なもので今まで公開されたのが10分の短編を含めて四作程度、そのなかから二作といえばいつも「ミツバチのささやき」「エル・スール」になるのだが。
久々に見たが、何度見ても発見のある大好きな作品である。「ミツバチのささやき」の曲が実に美しい七拍子であったり、「エル・スール」はグラナドスという作曲家のピアノ曲「スペイン舞曲五番」が効果的に用いられていた。そのグラナドスを調べてみるとなかなか面白い経歴の持ち主だった。作曲の師はおらず独学。民族音楽的にするために民謡を用いる作曲家が多い中、彼は用いずにスペインの土地を感じさせる曲を書いたようだ。
50歳前後で亡くなっているがそれも実に痛ましい。演奏旅行でアメリカから帰国する際にドイツ軍艦の砲撃にあう。救命ボートになんとか乗るも自分の奥さんは波にのまれてしまっており、寸前で海に飛び込み奥さんのもとへ向かう。二人はそのまま海に消えていく。
それこそ映画のように悲しい話であるが、こうしてスペインの誇る作曲家、ピアニストは命を失った。
なお話は戻るが、エリセの二作品はどちらも家族の物語なのだが、家庭内の描写として調律の狂ったピアノの響きを使う。確かに狂ったピアノを調整していく響きは独特なものであり、日常と不安を感じさせる描写につながっている。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.091
2019 05/11 Sat.
カテゴリー:

塞翁が馬?

ご無沙汰してます。
元気にしておりますが、久々のブログ更新となりました。
テニスボールで身体のコリをほぐせるって話を聞いて、3月半ばに背中をゴリゴリやってたら足に電流が走ったような感覚になりまして。坐骨神経に触ったらしいですね。(あとで聞いたらそういう人多いらしいです。皆さんも気をつけて)
決して痛いとか歩けない、とかではなく、普通に演奏もしてたんですが、やっぱりたまにしびれたり気になるもので、生まれて初めて整骨院に行ってみました。そうしたら色々助言いただいたり、地に立つ足の感覚が変わったり、怪我の功名というかなんというか、面白いことがわかりましたね。
ってわけでそういうのを改善してるうちに楽器との接し方も変わりました。まずは高く構えない、あとあまり固定させずに自由にさせる、遊びがあるというか。まだ慣らしている最中ですが、すごくヤリガイあります。今となっては整体やってよかったな、と思うほどです。残念ながら?五月はライブもやたら少ないものでじっくり取り組めそうです。あの頃下手にたくさんライブやらなくてよかったな、と後に思えるくらい、自分の理想の型に近づけたら嬉しいものです。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.090
2019 03/16 Sat.
カテゴリー:

新たな編成

3/22に下北沢のCAC+というお店で初めてのメンバーでライブ予定です。昔からギター+ベース+αという編成が好きで、今回はもう10年くらいの付き合いになるバイオリンの川又瑞代さん。そしてギターは露木達也さんで企画してます。何かとバイオリンとライブすることがありますが、普段やらない組み合わせなもので楽しみです。
実はこれのみにならず4/17に四ッ谷三丁目のホメリでもライブ予定。ホメリもそれなりに昔からの付き合いですがとにかく音が良い。そしてコーヒーもパンもケーキもとても美味しい。本当にオススメのお店です。こんな楽器なもので早めに家を出る習慣が身に付いているもんで、ホメリのときには早くついたら自分もマスターのオススメのコーヒーを注文しています。
いずれもよろしくお願いいたします!

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
過去の記事を読み込む

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る