>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

Vol.085
2018 12/23 Sun.
カテゴリー:

行蔵は我に存す

 

最近、勝海舟に興味を持って「氷川清話」を読んだ。元々優秀な政治家と思っていたけれど、いわゆる江戸っ子気質のような語り口とさっぱりとした中身にますます好感を得た。鎖国された社会から海外に行き、海外に染まりきってもいないし、ナショナリズムに染まってもいない。江戸時代の人間として赤穂浪士を罰した荻生徂徠を認める点も(丸山眞男とは違う意味で)面白い。リベラルというか、すごく様々なことを客観視出来たのではないだろうか。
さて本の中にあるわけではないが、福澤諭吉とのやりとりは面白い。福澤諭吉は幕府の人間だったのに明治政府におもねるような立場になった勝海舟を批判する。勝は以下のように返したと言う。

「行蔵は我に存す。毀誉は人の主張、我に与らず我に関せずと存じ候。各人へ御示し御座候とも毛頭異存これなく候」

行動の責任は自分にあるが、誉められる貶されるは人が決めることで自分の問題じゃないよ。何を言われても特に意見はないのであしからず。

ってなところだろうか。内心は福澤を所詮学者、と思っていたようだが、皮肉を込めて「異論はない」と返しているのも上手い。

勝海舟の皮肉はともかく、何かと人の評価や印象やらがよぎる社会においては見落としがちの精神のように感じるもんで、自戒のようにたまに思い出す言葉ですね。特に「誰とやった、どこでやった、どんなことやった」などという泡沫のようなことで評価されることの多い、演奏に関わる人間なんかにはそれくらいがちょうど良いのかもしれない。とはいえ、本質をつくような意見には心して聞くし、すごく勉強になることも多いけれど。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.084
2018 12/08 Sat.
カテゴリー:

弓の持ち方について

最近弓の奏法について珍しく(?)立て続けに問い合わせのメッセージを受けたものでお答えしておきます。

多くの奏者が深く(人差し指や中指の第2関節あたり)で弓の棹のところに触れているのに対し、私は浅く(第1関節あたり)で棹に触れていることが多いです。フレンチ弓に興味を持った頃からチェロやバイオリンの持ち方から学べることが多いと思い、色々な人のものを見てきました。そちらを試しているうちに深く持つよりも〈触れる面が少ないため負担が少ない、指が余らないから抱え込む(握る)必要がない〉浅い持ち方が馴染んできました。
もちろん深く持つことに試したことも何度かありますが、結局浅い持ち方に戻っていて今もその状態です。今まで二人のフランス人奏者にレッスンを受けましたが、(一人からはフレンチ弓を始めたばかりの頃から1年ほど習い、そして二人とも私よりは深く持つのに)弓の持ち方を修正されたことは一度もありませんでした。ただ弓の張りや使う松脂、指の長さ、(楽器の高さや傾きも含めた)弓の当てる角度など、あらゆる要素が影響すると思うので、これがあらゆる人にとって正しいかどうかはわかりません。やったことないですが、チェロなど他の楽器がガンガンと鳴り響くオーケストラの中では適した奏法でもないような気もします。とにかく状況に応じたコントロールができて身体や楽器に負担がなければそれが1番なのだと思っております。←これが1番難しいし、私も日々勉強中ですが。
もし興味のある方がいたら横浜や都内でレッスンしておりますんで遠慮なく言って下さい。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.083
2018 11/23 Fri.
カテゴリー:

響きと鳴り

目下実家のリフォーム中でして、長らく練習に使わせてもらっていた空間がいつもとは違う風景になってます。作業が行われていない隙を狙って練習するのですが、絨毯がはがされコンクリートむき出しになっており、そして箪笥やら何やら荷物をどけているせいか、常時と比べて楽器が本当によく鳴り響く。やはり空気(空間)と音の関係はたいしたものだなあ、と改めて実感します。
もうそれほど機会もないかもしれませんが、この稀有な響きを今までの場所への感謝も込めて味わいたいもんです。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.082
2018 10/28 Sun.
カテゴリー:

ジャンゴ東京フェス終了しました

Adrien Moignardのツアーで九州に行ってきました。
学生の頃少しだけ博多に行ったことあるんですが、九州はそれっきりでした。せっかく博多と熊本に行くんだから満喫しようかな、と2割くらいは思っていましたが、やっぱり基本的にホテルとライブ会場の往復だけでした。
博多に行く日も朝早かったし、前日までなんやかんや詰まっていたこともあるんでしょうが、博多ではライブギリギリまでホテルでゴロゴロ。熊本でもサウンドチェックまでホテルで昼寝、サウンドチェック終わってから時間あったんですが、会場でボーッとしたり人と話していたらいつの間にか開演時間に。
他メンバーは熊本城見にいったり、アドリヤンもホテルの温泉を使ったようで、おそらく自分が1番土地を満喫していないと思われます。旅行と運転は好きと思い込むことにしてますが(?)、やはり本質的に向いてはいないような気がしますね。
とはいえ博多、熊本のお客様、共演者の方々の温かな対応はありがたかったし、ホテルと会場間や車から見える風景はしっかりと味わったと思います。どちらも良い街だと思いました。

最後に東京公演含め来て下さった皆さま、フェス出演者、共演者、関係者各位、本当にありがとうございました!

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.081
2018 10/17 Wed.
カテゴリー:

Don't look back in anger

先日oasisのDon't look back in angerという曲について調べる機会があった。
元々oasisをそれほど聞き込んではいないけれど、Whatever、Wonderwall、そしてこのDon't look back in angerぐらいは知っていた。oasisは昔から「Beatlesを超えたバンド」とか言われていて、Beatlesを明らかに贔屓していた高校生の頃の私は「何言ってるんだか、スケールが違うわ」などとoasisにあまり良い印象を持っていなかった。しかしまあ考えてみれば比較自体がバカバカしいし(そもそもBeatlesが聞かれていなければoasisはなかっただろう)、そんな評価されたこと自体名誉なことだし、ものすごいプレッシャーだったろうな、と今にしては思う。oasisがI am the walrusをやっているのも嫌いではない。リアム・ギャラガーの声もよく言われるようにジョン・レノンと似ている。
さてoasisもしょっちゅうやっていた兄弟喧嘩の末に解散。Don't look back in anger、昨年のマンチェスター(oasisのギャラガー兄弟の出身地である)のテロ事件の際に久々に注目された。追悼式で1人の女性がこの歌を口ずさみ始めると周りに広がっていき、参加者が皆で歌うことになる。そしてそのあとフランス対イングランドの追悼含めたサッカー親善試合がパリで開かれた時にもイギリス人、フランス人も一緒に合唱。(YouTubeにあります、興味ある方は探してみてください)
改めて歌詞を眺めてみるとなかなかメロディーにあった良い詩である。ジョン・レノンの「ベッドから革命を起こす」なんて表現も使われている。その他、細かい解説は省くが「怒りをこめて振り返るな」とでも訳すべき題名。このような言葉をテロ事件の直後に共有できるのは、大袈裟に言うとヨーロッパの知性と精神だと思う。フランス語ではその2つをあわせてL'éspritという一語になる。いわゆる「エスプリ」です、英語のspiritと語源は同じ。
日本で(残念ながら)同じ事が起きたとして、このような言葉を口ずさみ合唱できるだろうか。そもそもそのような歌があるのだろうか。例えばBeatlesのLet it beだってこのような時に人々に歌われても不自然には感じない。しかし日本の曲ではちょっと思いつかない。好きだ惚れたの歌詞はあるし、悲しみの歌は多少思いつくのだが、(フラれた別れたの話ではない)深い苦難を乗り越えるような詩は少し思いつかない。
なおDon't look back in angerはリフレインの後には最後に一言だけ歌詞が付け加えられている。At least, not today「少なくとも今日だけは(やめよう)」

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
過去の記事を読み込む

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る