>

Kyohei
Abe
OFFICIAL BLOG

阿部恭平の
ブログ

阿部恭平の広告

阿部恭平のINSTAGRAM

Vol.120
2020 05/12 Tue.
カテゴリー:

「野良犬」を観て

先日、映画「野良犬」を観る。恐らく三回目、それほど黒澤映画を観ていないが私にしては見てる方だし好きな作品だ。戦争帰りの似た者のような二人が争う中、平和な風景としてソナチネや「蝶々ー蝶々ー♪」の童謡の対比の場面が秀逸と思っていたが(もちろん他の音楽も素晴らしい)、改めて三船敏郎の存在感を思い知った。別に熱烈なファンでなくとも、どこがいい、あそこが上手いとか思うことはなくとも、彼の表情や台詞、振る舞いは記憶に残る。スター性というものなんだろうか。思えば一度しか見てない「七人の侍」もなぜか一番思い出すのは戦火で赤ちゃんを抱き締めて「おれと同じなんだ」と言う農民出身の侍の姿だ。(山賊を倒して雨に打たれるシーンや「勝ったのは我々ではない」などではなく!)

戦後に故郷に帰還する途中で荷物を盗まれ「こんなんなら悪いことした者の勝ちじゃないか」と思ってしまう若者、自分の銃が盗まれたことに責任を感じる刑事、自分にはよくしてくれた彼を守ろうとする踊り子(しかし盗んだ金かもしれないという懸念から彼が買ってくれたワンピースには袖を通せない)、様々な面で人間的な感情のあふれるドラマだな、と感じる。そういえば当時ヒューマニズムという言葉も流行っていたんだっけな。
先輩刑事である志村喬から発せられる言葉がいかにも現実的だ。発砲事件がおきた、と知り「(盗まれた)僕の銃では…」と心配する三船に「君の銃だったらなんだって言うのかね」と切り捨てる。また最後も「なあに、すぐ忘れるさ」と励ますように言うが、それはある種の残酷さを伴う忘却かもしれない。

いずれにせよ今後もまたこのような時代が近づくのかもしれない、と思うと色々と考えさせられた。三船敏郎が熱弁する「自分だって盗まれた、でも刑事になった。辛い思いしたから、社会が悪いから、ってのは理由にならない」という理屈は実に清々しい。「自己責任」という言葉を他者や弱者につきつけるのは無粋だが(というか責任を取りたくない人こそ、この言葉を使うものだ)、自らの倫理を律するための責任感には好感を持つ。あるいは「自己責任」なんて言葉は文字通り、自己の中で完結すべき言葉かもしれない。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.119
2020 04/23 Thu.
カテゴリー:

瑣末なことからローマの休日を思い出した

どうでもいいことを思いついた。取るに足りない話。
芸能人夫婦の不倫騒動で不倫した夫の方が記者会見したというニュース、一月前くらいの話だったろうか。記者の「奥さんと愛人どちらが好きか」みたいな問いをし、夫の返答が「奥さんを傷つける内容」として批判されていた。(こういった報道や追及こそ奥さんを傷つけていないのか自問しないマスコミが不思議で仕方ない)
この手のニュースには「当事者同士でやってくれ」くらいしか思わないし、登場人物の誰にも特に興味ないのに「何かを思い出すんだよな」と思っていたのであった。ふと思い付いた、『ローマの休日』だ。
ローマの休日は一般人を装った王女(オードリー・ヘップバーン)がローマでデートを楽しむ。1日を終え、次の日に王女に戻ると会見が待っていた。旅の公務の感想を聞かれるだろうから「どの土地も魅力的で甲乙つけがたく…」みたいな返答をするよう付き人からアドバイスされるも、いざ会見にはデートした男が記者として現れる。そこで王女は迷ったあげく質問に対し「ローマです、ローマが一番素敵でした」と強調。すると男も「王女様のお気持ち、ローマ市民は忘れることないでしょう」などと答える。記者や王女の付き人達は困ったような顔で「はて?」ってなもんだが、彼らと観客だけがそのやり取りの意味を理解する見事な描写、ウィリアム・ワイラー監督の手腕ですな。

そういえば王女の名前はアン、であった。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.118
2020 04/20 Mon.
カテゴリー:

ユリシーズの話から「難解さ」について

「私には、難しい、という言葉の意味がわからない。できるか、できないか、の二つしかないはずだ」
八十代を越えてからも気品あふれる演奏を続けたバイオリン奏者、ナタン・ミルステインの言葉。彼のように晩年までバイオリンと向き合い続けた奏者からすると「難しい」などと言っている時点で「真の意味ではできてない=弾けてない」という判断になるのかもしれない。「難しいけど、やりきった」などという表現自体が矛盾になるんだろう。やりきっているならば難しくないし、難しいならばやりきれてない、と。いやはや、おそれいりました。
ミルステインさんほど潔くやっていければ、とも思うけれども、現実的には「難しい」というのはよく使われる表現だ。実際の意味ではもちろん、「大変手の込んだ」というような誉め言葉、あるいは「複雑で性にはあわない」というような文句としても。
似たような表現で「面白い」というものもある。芸事などに関しては「面白い」の対義語が必ずしも「つまらない」になるとは限らず、「面白いとは思うけど興味はない」なんて言い方もある。「ユニーク」みたいな意味合いが強いのかな。なんらかの敬意みたいなものを一応は感じるが「凝ったことやりたいんだろうけど、興味はない」と切り捨てるのが申し訳ない時などにも都合の良い表現かもしれない。
ある人が以前「昔は音楽について面白い、とか言う人はいなかった。かっこいい、感動した、などばかりだった」と書いているのを目にした。最近はみんな「面白い」ばかり言ってる、と結んでいた。面白いと難しい、意味合いは多少違えど、方向性は重なるところもある。個というよりは何らかの他との比較を経た上での評価という点だ。すなわち相対的評価、それに対し「かっこいい」「グッときた」なんかはほとんど個人の感想だ。それでいいんじゃないか。相対的評価なんかはふんぞり返った評論家の先生方(と書くとトゲがあるかな?)なんかにお任せして、素直に思ったことを言えば良い。個人の感想としての「難しい」や「面白い」は自由だが、評価としてのそれらの言葉を喜んだりありがたがる風潮はどうも気に入らない。個人の感覚よりも相対的評価を重んじるような軽薄さが気になるのかな。昔から時おり触れている気もするけれど前衛芸術やポストモダンとやらもみんな「グッとこない」ままだった。
さて話は「ユリシーズ」に戻す。あれを一種の前衛的作品みたいに論じる人もいるけれど、それには一切の迷いなく「違う」と断言したい。T.S.エリオットの評でも読んで出直しといで、と。(←結局、詩人兼評論家に頼ってる)

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.117
2020 04/14 Tue.
カテゴリー:

ユリシーズ考 1

暇なんで「ユリシーズ」について思うこと。おそらくそれを読んでいた頃の自分が今の自我を形成しているとも思うので。
卒論が「ユリシーズ」だった、という話をすると文学に詳しい人からは(そもそも文学に関心ある人としかそんな話にはならないけど)「すごいのやったねー」などと感心される。
「ユリシーズ」は難解な書物の代表のように取り上げられる。難解でない、とは言わない。ただ私の手前味噌が過ぎるのかもしれないが、他の小説、書物と比較して難易度を問う類いのものでもない。比較できるとしたらせいぜい長さだろう。14章や18章など特別なものはともかく、3章を除く前半や13章などは大騒ぎするほど難しくはない。
そもそも「ユリシーズ」が長編といわれるが、個人的には18の章からなる壮大な短編連作集のような気もしている。そう思えば文体が変わるのも視点がかわるのも理解しやすい。元々短編集の「ダブリンの市民」に入る予定だったという話もある。
あらゆる方角から語られる作品だが、あらすじ自体は決して特別なものではない。「母親が亡くなる前に彼女のために祈ってやれなかった青年が色々悩みながらダブリンをフラフラして終盤には危険な目にあう。それを救うのがスケベで平凡なおじさんなんだけど、彼は彼で奥さんが家で愛人と会っているのを知ってるから朝から街中をフラフラと一日過ごす。その奥さんは色男に弱いタイプだけど眠りに落ちる頃に夫と初めてデートした時のことを思い出して不倫相手と縁を切ろうと思う話」おおまかなものだが、決して難しくはない展開だ。何でもそうであろうが「ユリシーズ」に、またはジョイスに触れるときは「難解」という固定観念を取り除いた方が楽しいと思う。(そもそも私は難解さをありがたがる風潮に興味を持てない)

長くなったのでこのへんで。また暇なときに。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
Vol.116
2020 04/07 Tue.
カテゴリー:

緊急にもかかわらず施行まで48時間以上

こんなご時世だからか、何かと励ましになるような言葉を目にする。「やまない雨はない」、「明けない夜はない」とか。悪い表現とは思わないけど、昔からこれを聞くと「暮れない日もないけどね」などとこっそり思ってた。ひねくれ者だったんだろう、今は素直だが。

さて、この「明けない夜」の表現、文化庁が用いていた。この度の騒動になってから一ヶ月ほどかけて出した声明で。この言葉、もともとはシェイクスピアの「マクベス」から生まれている。The night is long that never finds the day、直訳すれば「日を見ない(明けない)夜は長い」ということになる。これは緯度の高いヨーロッパならではの表現かもしれないし、何より「マクベスを倒さない限り夜は続くぞ」というようなニュアンスが大きい。励ましでもあるが、「このままではダメだ」という激励する意味もある。これを励ましに特化して意訳したのが「明けない夜はない」になっている。おそらく「明けない夜~」が「やまない雨~」の表現につながったんだろう。
しかしまあ一ヶ月もかけて自己陶酔するように書き連ねたのがあの程度の文か、と呆れてしまった。「文化」を語るならば、もっと人々を鼓舞するようなことを書けなかったものだろうか。結婚式の定番、「人生は3つ坂があります。上り坂、下り坂、まさか」とかの方がまだクスッとできたような。

この投稿をシェアする
WEBブラウザでFacebookアカウントにログイン状態にするとコメントを残せます。
過去の記事を読み込む

阿部恭平のブログカテゴリー

阿部恭平のブログアーカイヴ

阿部恭平のブログ検索

一番上に戻る